top of page

「Datachemical LAB」にて3Dグラフ可視化機能をリリース



データケミカル株式会社(代表取締役:吉丸昌吾、本社:東京都渋谷区)は、展開する実験・製造データ解析のAI・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB(データケミカルラボ)」に、3Dグラフの可視化機能を2024年6月17日よりリリースいたします。


Datachemmical LABは、実験・製造データのAI・機械学習に特化した解析ツールであり、これまで箱ひげ図や相関係数、ヒストグラム、散布図、基礎統計量の可視化機能を提供してきました。しかし、導入企業様から、より多くの変数の関係性を可視化する手段として、3Dグラフ機能の要望を多く寄せられておりました。


今回の3Dグラフの可視化機能により、3つの変数間の関係をグラフを自在に回転させながら確認できるだけでなく、色分け機能によりさらに視認性良く表現することが可能になります。


<実装した3Dグラフの主な特長>

・手持ちのデータセットの中から3つの変数を選ぶだけで簡単に3Dグラフを作成できます。

・色分け機能により、特定のサンプルの分布を自在に確認できます。(図1)

・複数の3Dグラフを並列して表示し、データの特徴を確認することができます。(図2)


図1 色分け機能による表示

図2 3Dグラフの複数表示


今後も、AI・機械学習解析ツールとして更なるサービス・機能向上を図り、化学や製薬、食品などの材料開発プロセスにおけるAI・機械学習の活用を促進し、産業力の強化に貢献して参ります。

閲覧数:121回
bottom of page